ロシアが死亡統計の更新をやめたのはなぜですか?ロシアは積極的に対応したが、ウクライナはとんでもないデータを提供した

ロシアのメディアの報道によると、ロシアとウクライナの紛争の勃発以来、ウクライナ軍は約10,000人の人員を失った。

ここで言及されている損失は、死者を指します。ロシアの連立だけで捕らえられたウクライナの武装した要員は10,000人も8,000人もいないからです。

アレストビッチは、自身の損失を明らかにすることに加えて、ロシアの損失についても言及し、モスクワの損失はウクライナの損失よりも「はるかに大きい」と述べた。

アレストビッチは、ロシアとウクライナの紛争が発生してから20〜30日後に、ロシアの連合軍が現在、数千人の死者が出ていますが、それでも1日あたり少なくとも200〜300人が死亡しています。

現在、ロシアとウクライナの紛争は数百日間続いています。アレストビッチの計算方法によると、最初の1か月で、ロシア側で2万人から3万人が殺されました。何ヶ月もの間、1日あたり最低200人の死傷者に基づくと、約15,000人の死傷者がいるはずです。

全体として、ロシア側の死者数は約40,000人で、ウクライナ側の約4倍でした。

ウズベキスタン側から提供されたデータは、とてつもなく偽物であると言え、完全に架空のものです。ウクライナが本当にロシア軍にそのような大きな損害を与えることができれば、多くのことは意味をなさないでしょう。

まず第一に、ロシアがこれほど落ち着きを保つことは不可能です。毎日数百人、さらには数千人が戦場で死ぬこの種の地域紛争は、長い間西側から誇大宣伝されてきました。このような良い機会で、ロシアを内側から混乱させるのは簡単です。しかし、真実は、米国でさえモスクワの死傷者について沈黙しており、根拠のない数字を思い付くのはたまにしかありません。

これは、ロシア軍の損失が非常に限られており、誇大広告の価値がなく、ナンセンスでさえ信じられないことを示しています。

第二に、ウクライナ軍が40,000人のロシア軍を10,000人に置き換えた場合、彼らはまだ正面戦場でそれほど受動的でしょうか? ?それでも西側に援助を請う必要がありますか?

ウクライナが優位に立つことができれば、口を開く必要はまったくなく、西側の援助が流入し続けるでしょう。

西側諸国が約束した援助の多くは現在、口頭レベルにとどまっています。これは、西側が、援助はウクライナにとってほとんど重要ではないと信じていることを示しています。ロシア軍に捕らえられて、ロシア軍。

西側のますます躊躇する態度から、ウクライナの敗北が決定され、利用の価値がますます小さくなっていることがわかります。したがって、あまり投資したくないのです。

100日以上の戦争の傾向から判断すると、ウクライナ側はロシアとウクライナの死傷者の数は逆転しました。もっと合理的なようです。

ロシアが発表したデータによると、約2か月前に23,367人のウクライナの過激派が戦死しました。

ロシア軍の作戦の第2段階が非常にスムーズであったことを考えると、過去2か月間に数万人のウクライナ軍を排除することは誇張ではありません。ウクライナ軍は約45,000人に達することができます。これは、ウクライナ側のロシアの損失の見積もりに非常に近いものです。

ロシアの損失については、ロシアは長い間、自身の死亡データを更新していません。

更新が停止したのはなぜですか?何も隠そうとしない。ロシア側によると、「ロシア軍は事実上死傷者を止めた」。つまり、死傷者はほとんどなく、更新もなかったので中止しました。

この応答は積極的ですが、誇張されていません。実際、ロシアの第2フェーズの作戦は順調に進み、戦術を変更しました。

ロシア側はこの戦術を「スロークッキング」と呼び、ウクライナ軍を小規模に包囲し、援助を遮断し、脱走を防いだ。何を失うか。

ロシア側は、戦闘中の死亡統計の更新を停止しただけでなく、ウクライナ側のデータにもそれほど関心がありませんでした。推定では、ウクライナ側の損失について人々はより疑わしくなります。

特記事項:上記の記事の内容は、著者自身の見解を表すものであり、Sina.comの見解や立場を表すものではありません。作品の内容、著作権、その他の問題についてご不明な点がございましたら、作品公開後30日以内にSina.comまでご連絡ください。
  1. 記事リンク : https://jp.sdqirong.com/article/eluosiweihetinggengzhenwangshujuefangbaqihuiyingwufangquegeichulipudeshuju_88705.html
  2. 記事のタイトル : ロシアが死亡統計の更新をやめたのはなぜですか?ロシアは積極的に対応したが、ウクライナはとんでもないデータを提供した
  3. この記事はQirong.comのネチズンによって公開されたものであり、ウェブサイトの見解や位置を表すものではありません。転載が必要な場合は、記事へのリンクを追加してください。